広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)と診断されて

2歳11ヶ月で自閉症スペクトラムと診断された息子(4歳)の記録

花風社の本がすごい

花風社の出版している本の存在は知っていましたが、読んでみたことがありませんでした。



いつものように、夜中に自閉症関連をネットで情報収集をしていて、浅見淳子さんのブログを見つけて気になったので読んでみたんです。
いくつかの記事を読んでみて、花風社が出している「発達障害は治りますか?」「治ってますか?発達障害」とか「自閉っ子の心身をラクにしよう」とか、インパクト強い、気になるタイトルばかり出している(私単純かも…)
しかも浅見さんは発達障害は治ると言っているし、実際ニキリンコさんとか社会に出て活躍している人を見ていてそのことがブログに書いてあったりする。
どういう経緯でこれらの本を出すことになったのか。とかもブログに書かれていて、これは読む価値がありそうだな。気になるー!と思って、何冊か購入しました。




本には医師や当事者、OTの方などの見解、アイデアなどがまとめられていて新鮮。
本を読んでいて、子どもの将来について前向きな気持ちになれる本ばかりでした。
それってかなりの衝撃。
今からこれやってみよう。とか簡単に取り入れられるものも中にはある。
なにより発達障害を持ち合わせていても、社会人としてきちんと仕事をして生きている当事者がいる。
という事実が本の中にはある。



今まで自閉症スペクトラムは治らないからと毎日泣いてた時期もあったし、息子の将来を悲観して絶望したり、どうせ自閉症だからと色々諦めたり、育てにくいから息子の事を好きになれないと思った事もあった。
どうせ言っても理解できないだろうと息子に暴言吐いちゃうこともあった。(病んでたよね…)
私だけ死んでしまおうかと思い悩んで現実から逃げ出したい時もあった。
暗い道をずっと歩いてるような感じ。



発達障害者は発達します」



その言葉に希望が持てたんです。
それだけで私にとってはすごいこと。
母親の私の判断や私の対応で息子は良くも悪くも変わって行くんだなと。
さーっと数冊読んだので、もう1度理解を深めるためにじっくり読みたいですし、もう数冊買って花風社の本を読んでみようと思います。