広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)と診断されて

2歳で自閉症スペクトラムと診断された息子(5歳)の記録

集団療育43回目

今年度もあとわずか。
就学まであと1年ちょっと。


43回目の療育は、特に問題も無く集中して楽しみながら頑張っていたように感じました。
いつも余計なおしゃべりをして、先生に注意されてますが普段よりは少なかったです。



5歳だからなのか、療育歴が長いからなのか、息子に限らず自閉っ子特性だった何人かは、ものすごく落ち着いて課題をこなしていましたね。
年少の療育スタート時には、座ってられないし、激しく泣くし、パニックやこだわり凄かったですからねー。それを思えば一人一人の成長に感動。
ほんとに感慨深い。



息子がお友達から「何でひざに絆創膏貼ってるの?」と聞かれて、すぐに「ころんじゃったのー」答えていたことにびっくり。
これが年中はじめあたりだったら、モゴモゴもじもじしてたと思うので。
本人なりにお友達とコミュニケーションを取っているみたいだし、幼稚園でもいろいろ学んでいるのでしょう。
思わぬ所で息子の成長を感じました。



3人で座って絵本を読んだりするグループワークのとき、隣のお友達2人が軽く揉めていたのですが、自分の順番が回ってきて、お友達に動じないで自分のやるべきことがわかって実行できていました。



最近は息子の事を落ち着いて見ていられる。
課題もこなせてしまっている。
もう集団療育は卒業かもな…
さて、いつにしようか。

発達障害児育児 最近の親の悩み 年中

最近、子育てをする上でどうしたらいいのか、わからないと思うことがある。



親から働きかけて必要な事を身につけられるようにと、いろいろやってはいるけれど、特性ゆえの不器用さがあるからか、息子がなかなか上手く出来るようにならない事も多い。
コミュニケーション能力も。



お箸やハサミ、自転車は絶対使えるようにならないと困ると思うけど、なわとびだったり鉄棒だったり、折り紙だったり、生きていく上でそこまで必要ないんじゃない?と思う事に関しても、あれもこれもといろいろ無理して教えてやらせることが、果たして本人の為になっているのだろうか?
自閉症スペクトラム児の育児ってそういうものなの?
いつか本人がその気になれば、時期が来たら勝手に出来るようになってる事もあるのかもしれない。
気長に本人のペースで成長しているのを、広い心で見守ろうと思えるような心の余裕のようなものが、今の私には無い。
息子の発達の遅れはこの2年くらいで他のお子さんにある程度追いつきはしたけれど、まだ不安。
他のお子さんと同じように息子にも普通の事が普通にできるようになって欲しいと思っているからだと思う。



息子が幼稚園や小学校に入った後つまづかないようにと、幼児のうちに療育を受けさせ、スイミングや体操、国語教室に行かせたり。
習い事漬けで、それが果たして本当に息子の為になっているのだろうか?



自分で出来ることを増やすように日々関わってはいるけれど、息子が楽しいかどうかとか、やりたいかは別として必要だから受けさせている習い事ばかり。
さらにピアニカが苦手だからピアノも習わせたほうがいいな。とか思ってるし、先回りして小学生でつまづかないようにお膳立てしてる親。(私)
(わが家の住むエリアは子どもが多いので、評判の良い習い事教室は空きが無くて習い事を見つけるのが結構大変なんです)




年齢相応にいろんな事が出来るようになって欲しいと思う親心は、私が勝手な要求を息子に押し付けているだけなのかもしれない。




主治医には「丁寧に育ててあげて」と言われ、パートタイムで仕事をしつつ、息子に良いと思うことを出来る限りしてはいるけれど、考えれば考えるほどに何をどうしたらいいのかわからなくなっている。



今までは普通に幼稚園に通えていることで十分と思っていたけれど、それ以上の事を息子に求めてしまっている。



今は幼児期だから多少はのんびりしていられるけど、小学生になったら、勉強も絡んでくるからますます大変になる。




一体どこを目指してるのか?私は…
何をやってるんだろう?
と、自分でもよくわからなくなってしまうときがある。
疲れてるのか、考え過ぎなのか、知恵や知識が足りないのか、その全部なのか。
2〜3歳の特性全開の大変だった頃に比べれば、ずいぶん贅沢な悩みではあるのですが。



就学まであと1年ちょっと。
息子の成長を見守ろう。

学習教室

今通っている幼稚園の放課後にやっているこくご教室は今年度で終わり。
たった30分だけの教室でしたが、おかげでひらがなは「れ」「や」「ゆ」「を」とか以外は書けるようになったし、名前もニ学期頃からフルネームが書けるようになった。
読みは年少の終わりには元々読めていましたが、年中になって、少しづつスムーズに読めるようになった。




お友達パワー、園のベテラン先生の効果はすごい。
本人が仲良しのお友達と一緒にやりたがったというのもありますが、正直こんなに書けるようになるとは思いませんでした。
自閉っ子でもIQが低くても、本人に合っている環境で過ごさせると、続けていくうちに本人なりに出来るようになるものなのですね。
時には難しくて、もうやだ!とかやらない!とか言ってるときもあるのですが、それは他のお子さんも同じみたい。
本人がどうしても無理そうな時には休ませることもありましたが、無理の無い程度には通わせていました。
最近は家でもプリントを自発的にやってくれるときもありますね。




幼児期には沢山遊ばせることが大切と専門家の方は言いますが、それは幼稚園や降園後に私が促すとして、せっかくついた短時間でも集中してお勉強する習慣を無くすのはもったいないような気がして。
ちょっと欲が出てます。
週にたったの1時間、楽しいと思える内容の教室なら遊びの延長でいろんなことを経験させてあげられる。
そんなに塾塾していない教室なら、息子のような子の発達を促すのにいいんじゃないかと。




別のお教室的なところをずっとネットで検索したり、ママ友に聞いて情報収集して探してたんですね。
その中で、ここいいなと思った学習塾のお試しに参加してみたら、本人がすんなりと戸惑うことなく普通に参加していて、先生からも大丈夫でしたよ。と言ってもらえたし、本人もまた行きたいと言ったので、週1回1時間の幼児教室に通わせることにしました。
たまたま幼稚園の同じクラスのコがいたという幸運もありましたが(笑)
自閉っ子によくある、はじめての場所や経験が苦手というのも克服出来てると思います。




最初、仲良しのお友達ママに誘われていたので公文にしようと思っていたのですが、お勉強系がそこまで好きではない息子に週2回のプリント&宿題攻めは恐らく苦痛で嫌がる。
お勉強を嫌いになって欲しくないので止めました。




お試しで行ってみた幼児教室ではプリントもやるけれど、他にも大人から見ても楽しそうな事をやってくれるので魅力的。
所謂お受験用の塾ではないし、内容のバランスが取れていて、息子でもついていけるレベル。
テーブルには1人先生が必ずついてくれて、困っていたり苦手な事にはすかさずフォローしてくれていましたし、先生の声かけだけて、指示理解出来ていたので、先生のスキルの高さを感じました。
主人とも相談してしばらく通わせることにしました。
とりあえず1年。
小学生のクラスもあるので就学後も通いたがったら続けようかと思っています。

心理の時間

2〜3ヶ月に1度、自治体療育で臨床心理士さんとの時間が1時間あるのですが、最近心理の時間がありました。



前回同様、課題は30分ちょっとで終わってしまって、残り時間は好きなおもちゃで遊べて息子は満足。



絵本を読みながら先生が質問したり、折り紙、はさみ、記憶ゲームなどをやりました。
記憶ゲームはかなり覚えていて、ワーキングメモリの低さが課題だった息子ですが、短期記憶力が上がっていて本当にびっくりしました。
子どもの成長ってすごいですね。



心理士の先生に、来年度は集団療育は要らないんじゃないか?と療育クラスの先生に言われていると話したら、ずいぶん成長しましたよねー。と感慨深げでした。
(年少の時は全然集中できずに立ったり座ったり、すぐやらない!と言ったり、拗ねたりしていた)
今日特に絵本に集中してノリノリでやってましたもんね。と先生。




その日やる課題が終わって
「息子くんは順調ですね。主治医の先生も順調だと言っているのも、あまり病院に行く必要が無いのも、これだけ出来ていればそうだと思います。」と言われる。



もうすぐ年長ですぐ就学という話になり、医師と相談しますが、息子は普通学級にすると思いますと話したら、先生も「そうでしょうねー」と。




やっとここまで来たか。
年少〜年中の夏くらいまでは、心理士さんに会えばいろんなことを相談したり聞いたりもしてましたし、いろいろ思いつめてましたからねー、私。
やっと他のお子さんと同じくらいに成長したし、限りなく普通に近くなった。
もっとこうだったらいいのに。(言語面、運動面やピアニカなど)と思うことはあったりはするけれど、苦手な事も個性の範囲内だし、頑張っているのでそれで十分。
私や主人、祖父母にも幸せをくれている息子。
2歳3歳の頃と比べたら、会話も成立してコミュニケーションも取れるし、指示理解力も上がって穏やかに過ごせることもあり、一緒にいて楽しいと思うことが多くなりました。
少し前まで癇癪やコミュニケーションが取れなくて一緒に過ごすのが苦痛で仕方なかったのに、今の状況が嘘のよう。



来年度も臨床心理士さんとの時間は継続予定です。

ABA卒業

最近週に1回のABAを卒業しました。
トータル約1年半。




ABAを年少の夏からはじめたのですが、幼児期には効果的と聞いていて、就学前までやって辞めようと考えていました。
息子が思いのほか成長してくれて、幼稚園、習い事、療育施設でもほぼ問題なくやれてしまっている。
少し苦手なこともあるけれど、誤差の範囲内。
他のお子さんとあまり変わらない。(と思う)
不適切な行動はほぼ無い。
もうセラピストさんからアドバイスをいただかなくても、私がやっていけばいいと思えるくらい発達したので卒業することにしました。




昨年12月にふと、息子は他の定型発達のお子さんと比べても見劣りしないというか同じ程度、部分的にはそれ以上に発達してきているなぁと感じたんですね。
あとは家で親が丁寧に関わっていったり、苦手な事も幼稚園や習い事を通して克服したり、外遊びさせたりして発達を促していけばいいんじゃないかと思うようになりました。
ABAセラピストさんにやってもらっていた発達チェックでも、出来るものは6歳代の課題も出来ていたりしましたので。




セラピストの先生には困り事を相談したり、家でこういうことをやってみてくださいとか教えていただいたり、先生には本当にお世話になりました。
先生にお会いできなくて少しさみしくなりますが、
今後も何かの折にご相談するかもしれませんし、まったく縁が無くなった訳ではないです。




定期的に何がどのくらいできているのかを確認するために、ポーテージ早期教育プログラムチェックリスト(1030円)を使っていて、数ヶ月に1度どこまでできているかのセラピストさんと確認が出来たのはよかったですし、現状を把握しやすかったです。




これが出来ていて、次の課題はこれといった感じで、発達の目安確認が6つの領域(社会性とか言語とか身辺自立など)に別れていて、「片足でケンケンできる」という感じの質問項目が並んでいて、とてもわかりやすいものでした。
子どもの現状や課題をきちんと把握するために、公的な療育でも希望する人にはやってあげてもいいんじゃないかと思うくらい役立つものだと思います。




金銭的には私が負担していましたので厳しいものがありましたが、息子は特性がだいぶ薄くなってきたし出来る事も増えた。
一人の先生にわざわざ自宅まで来ていただいて2時間家庭教師をしてもらっているという、今思えばとても贅沢な時間だったと思います。
私の困り事も相談できたりもしたので、ありがたかったです。



……………

浅見淳子さんのツイッターから

こっちが思い通りの行動を取る子になってほしい→ABA親

本人がラクになってほしい→身体アプローチを選ぶ親

の印象。
親の姿勢が違う。
ある意味、最初から勝負がついてる。

………………


ちなみに、私はこの1年くらいABAと身体アプローチを併用していました。
浅見淳子さんのおっしゃる意見はそうだよなぁ。と思うことが多い。


この事を自分で出来て欲しい!とかひどい癇癪やこだわりをなんとかしたい、静かにしていないといけない場面で静かにして欲しいとか、子どもを親の思い通りにしたいというのは、親の勝手な都合ですよね。
その勝手な願いも日々の生活上結構切実な課題だったりするので、ABAを頼りたくなる親の気持ちもわかるし、少なくとも私は部分的に頼ってた。
ABAのおかげでうんちのトイトレがすんなり出来たし。ハンカチ畳むとか、ハサミとかも。
身体アプローチをしつつ、部分的にABA(遊ばせながらのやり方)でいろんな事をやってみました。
個人的には幼児期の一定期間にABAを取り入れるのはさほど悪いことでは無いように思います。
お金もかかることなので、あまり人には強くおすすめしませんが…
うちはVB(自然な感じて行う)だったのですが、DTT(つみきの会みたいな感じ)じゃなかったから、本人も先生と遊ぶのを楽しみにしていたしABA悪くないと思うのかも。



ABAは卒業しましたが子育てはまだまだ続くので、今しか出来ないこと『息子と楽しく遊ぶ時間』を増やしたいと思っています。

神田橋先生 

最近思い切って鹿児島にある伊敷病院の神田橋先生のところを訪ねました。
精神科の医師でその世界では知らない人がいない、有名な医師の方です。



私が記入した問診票を見て、息子の額あたりや靴を見て、『いじめられたりはしてないみたいだねぇ』
と言われる。



『薬は飲んでないんだね。
(以前の田中ビネーを見て)オウム返しとかエコラリアとかはこの子にとって必要ことをやってるから心配することはないよ。』
(今はしてないんですけど、2年前に誰かにそう言って欲しかったよ…)



『マッサージはこういうのをやってみて。と
この雑誌「ゆほびか」最新号(2018年2月号)にやり方載ってるから見てみて。
楽になるよ。
小田原のあんじんの先生は僕が信頼している先生だから、体のことはここに行ってみるといいよ。』
(花風社の本に載っていた先生なので私は一応知ってはいた)
その場ですぐ息子ジャンプしてみる。
マッサージをしてもらったら、少しジャンプがしやすくなったらしい息子。



ドリルやプリントなどのお勉強系を家ではやりたがらないと先生に伝えると
『今は勉強よりも他の好きなことをやらせてあげて。楽しくやっていることをやらせて』と言われる。



『(息子の動作などを見て)この子は自分でいろいろやりたいタイプの子のようだから、親が手出しせずに自分でいろいろやらせてあげて。
やりたいと思ったこと、本人ができなくてもやめさせるとか、やらせないとかじゃなく本人が頑張っているなら応援してあげて。』



『優れたところを見つけてあげて』



『好きなことを見つけて思いっきりさせてあげて。
この子の好きなことは何なの?』



『(息子は)落ち着きはあるみたいだから落ち着きの無い子にはトランポリンなんだけど、どんな子にもおすすめなのはスイミング。
習い事のスイミングよりも水の中で好きに遊ばせるのがいい』



『あと、焼酎風呂に入るといいよ』
おちょこ半分くらいの少量なら子どもでも大丈夫らしい。
エプソムソルトも一緒に入れてもよいか聞いたら
、それ何?と聞かれて、念のため持参したパッケージの裏の説明書きを見せると読んで確認して『大丈夫だよ。これはお母さんにとってもいいんじゃないの?(恐らく美容で)』とのこと。



『黒田 洋一郎  発達障害の原因と発症メカニズム: 脳神経科学の視点から の本を読むといい。』



『加工食品は食べさせない方がいい』



というような感じで10分くらいで終わり。



すごく有名な先生で、10時前にはその日の受付締め切ってました。
8時半に行ったのに13番目でしたから。
他にも3人の先生が後ろで熱心に診察を見ておられました。



レメディや漢方薬は勧められなかったなぁ。
エビオスの事を聞くのを忘れちゃったけど、引き続き息子に飲ませようかと思ってます。



息子には「なんで病院に行くの?オレは元気だよ!」と何度か言われました。
確かにその通りです。
2時間以上待ちましたから、お怒りもごもっともです。
発達も平均くらいにはなったと思うし、今のところ本人もまわりも困っていません。
新しい何か良い情報が欲しくて行ったんです。
息子にとって良い事は何でもやってあげたいという親心で。
親のわがままで、わざわざ鹿児島に連れて行ってしまってごめんね…



神田橋先生に言われた事、好きなことや本人がやりたがっていることをやらせてあげて。というのは息子の主治医にも同じことを言われましたし、子育てでは当たり前の事だと思ったりもする。
子どものやりたがっていることや興味があるものを見つけてあげるのは、親が子どもをよく見ていないと出来ないことだし、いろいろさせてみることは幼児期は親がさせてみないといけないことが多いから改めて先生が言うんだろうな。



息子は念願の飛行機にも乗れたし、指宿に特急列車いぶたまに乗って出かけて温泉や砂風呂にも入ったし、鹿児島ラーメンしろくまアイスを食べたり、ホテルに泊まったり、想像以上に楽しく過ごせて息子も私もリフレッシュ出来た旅行になりました。
結構お金はかかっちゃいましたが、思い切って行ってみてよかったです。
鹿児島市内も良かったのですが、特に指宿は本当に良い所でしたね。人気なのもうなずけます。



自宅に帰ってから、早速毎日焼酎風呂に入って毎日ではありませんがマッサージもやっています。



来年度は息子にとって興味のあることを思いっきりさせる1年にしたいですね。
主人はあてにならないので、さて私の体力と気力が保つかどうか…

療育どうしようか問題

5歳1ヶ月、年中児の息子。



最近は療育クラスでも課題を普通にこなしていて、幼稚園も習い事も定型発達のお子さんと同じようにこなしてしまっている。
2年経って幼稚園や療育のおかげなのか、他のお子さんに追いついた感があるし、療育を受けるほどの発達の遅れや問題行動も無い。
私が息子と一緒に過ごすのもだいぶ楽になりました。



来年度の集団療育どうしようか?と思っていたら、最近療育の先生から「息子くんはいろいろ出来るようになったので個別だけにしませんか?」と提案されました。
あー、やっぱり先生から見ても息子はもう療育要らないんだなーと。
(それと、療育受けたくて待機してる人が多いみたいだし)
確かに課題が本人にとって簡単というのもある。
社会性とか人との関わりとか、自閉症スペクトラム児ゆえに少し心配な部分もある。
辞めるか続けるかをすぐには決められないのでちょっと保留にしてもらっています。
一回辞めたらもう入れませんしね。



療育の先生にもう卒業してもいいんじゃないですか?と言われるくらい発達するとは療育クラスに入った頃には考えてもみませんでした。
喜ばしい事です。
3歳まではいろいろひどかったからなー息子。
それを思えば今の状況が奇跡に思えます。